メニュー

痔核、裂肛について

痔

痔核とは、肛門周囲に発生した静脈瘤様の腫瘤のことで、図に示す歯状線という解剖学的構造よりも口側に発生する内痔核と歯状線より肛門側に発生する外痔核とに分類されます。
内痔核は出血(鮮血)を伴いますが、疼痛が少なく、一方で外痔核は出血が少なくても疼痛が強いという特徴があります。
外痔核にむくみ、腫れが起こり、内部に血栓が形成された状態を血栓性外痔核と言います。血栓性外痔核は激しい疼痛を伴います。

裂肛はいわゆる「切れ痔」です。硬い便が通過する際に肛門の上皮が過伸展されて断裂をきたしたもので便秘の人に多いです。排便時の疼痛、出血を起こします。

 

当院の治療について

 

痔核の治療としては軟膏などの外用剤を塗布、飲み薬(痔の出血、むくみを改善させる薬)、生活指導は保温、長時間の座位を避けるなどがあります。裂肛についても基本的な治療は痔核のときと同様です。

そのような治療を行っても痔核の疼痛、出血の改善が乏しく、生活に支障をきたす場合は手術が行われることがあります。手術が必要な際には肛門科手術を行う専門病院をご紹介させて頂きます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME